1. HOME
  2. 特集詳細

やさい

先日、家でテレビでを見ていたら耳にしたこの言葉。菜食主義を差別する?野菜を差別化する?色々と想像しました。今日はそんな野菜のおはなし。

  

「野菜差別」とは一般的に流通に乗ることができなかった規格外の野菜のこと

野菜の大きさにはS・M・L、形や品質や色にはA・B・Cという分類がされています。規格に合わない野菜や、傷がついた品質の良くない野菜は「規格外野菜:となるのです。これらの規格外野菜は、商品として出荷はされません。

しかし、もちろん野菜は生き物なので工業生産物のようには生産できません。カット野菜や加工品として商品になることもありますが、ほとんどが廃棄されているのが現状です。規格外野菜として廃棄される量は、生産された野菜量の約30%〜40%にものぼるそう。

  

なぜ規格が存在するのか?

規格を設ける主な理由としては、流通を効率化するためです。野菜を運搬する際、野菜はダンボールに詰められますが、形がバラバラだとたくさんダンボールに効率よく野菜を詰めることが出来なくなります。また、飲食店から野菜の形やサイズを指定されることもあります。それは、形の良い「きれいな野菜」を買いたいという消費者の意識も関係しているでしょう。規格外の野菜のほとんどが廃棄ということになります。味には違いはほとんどないのに、運が悪ければ食べられることもなく捨てられてしまうのです。

  

最近よく耳にするようになった「フードロス」という言葉。「フードロス」とは、まだ食べられるのに捨てられてしまっている食品のこと。日本では、年間612万トンもの食品が、まだ食べられる状態で廃棄されてしまっているそうです。そのうち、食べ残しや賞味期限を理由に捨てられてしまっている家庭での食品ロスが284万トン。一方、食品の製造工程で捨てられる食品ロスは328万トンという内訳になっています。

しかし、この数字には出荷前に捨てられている規格外野菜は含まれていないのです。

  

私たちにできること

私たち消費者も、この規格外野菜を救うことが出来ます。最近では、野菜の値段高くなっていることから規格外野菜が直売所や道の駅、スーパーでも安く売られていたりします。他にも通販サイトで規格外野菜が取り扱われていることも。美味しさも栄養面も変わらない、規格外のお野菜を安く手に入れてみませんか。

地元がもっと楽しくなる。

HEREN
公式アプリ誕生

HERENにしかない特別な商品やギフトカードに
交換できるポイントが貯まる!
街のイベント、求人情報も満載のお得な地産地消アプリ