1. HOME
  2. 特集詳細

お月見のハナシ

お月見というと、いつもより月がきれいに見える「十五夜」を思い浮かべるでしょう。一年中見ることのできるお月様ですが、お月見は特に十五夜の日に行われます。今回は、お月見の由来や2021年はいつなのかについて解説していきます。

お月見というと、「うさぎうさぎ なに見てはねる 十五夜お月さま 見てはねる」という『うさぎ』の歌を思い出す方も多いのではないでしょうか? お月見は、この歌でも出てくる、十五夜お月さまの日に行われます。

  

一年中見ることのできるお月様ですが、お月見は特に十五夜の日に行われます。ではなぜ、十五夜の日にお月見が行われるようになったのか、由来について探っていきましょう。

古来から、日本で月は神聖視されてきました。古くはなんと、縄文時代から月を愛でていたそうですよ。お月見の概念が中国から伝わってきたのは、貞観年間(859~877年)。平安時代の貴族の間で、瞬く間に流行しました。

当時のお月見は、お酒を楽しみながら、船の上で詩歌や管弦に親しむ風流なもの。今と異なる点は、貴族たちは空を見上げて月を眺めるのではなく、水面や盃の酒に映った月を愛でていたことが挙げられます。

その後、お月見が広く庶民の間で広がったのは江戸時代。十五夜のころは、稲の収穫が始まる時期でもあります。このことから、十五夜は秋の収穫を喜び感謝する日とされてきました。それが今でも続いているんですね。

   

お月見に適した2021年の十五夜は9月21日(火)

2021年、今年の十五夜は、9月21日(火)です。十五夜=満月だと思われがちですが、必ずしも満月ではないんですよ。満月かどうかは、月と太陽の位置関係によって決まります。そのため、満月の瞬間が日本から見て満月でない場合があるため、十五夜の日が満月ではないという現象が起こるのです。満月でないとはいえ、1年で一番美しい月が観られる日であることに変わりはありませんよ。

お月見をする、十五夜の日は1年で最も月が美しい日だと言われています。現代の忙しい日々の中で、お月見のための準備を整えて、ゆったりと月を愛でることは、とても贅沢なことかもしれませんね。

お月見を存分に楽しめる温泉“寿ノ湯”

お月見イベントが開催されるそうです!
9月20日(月)・21日(火)・23日(木)・24日(金)

お月見限定メニュー登場 18:00~キャンドルナイト開催
館内をキャンドルでコーディネート

温泉に入りながらお月様を眺める素敵な一日となりそうですね♪

地元がもっと楽しくなる。

HEREN
公式アプリ誕生

HERENにしかない特別な商品やギフトカードに
交換できるポイントが貯まる!
街のイベント、求人情報も満載のお得な地産地消アプリ