1. HOME
  2. 特集詳細

鱧の旬は2度くる!?

鋭い歯を持ち、気が荒く近寄る魚に噛みつくことから「はむ(食む)」、「はむ(咬む)」から由来した鱧(はも)。「東のアナゴ、西のハモ」ともいわれ、関西地方では人気の高い魚です。

鱧の旬は一年に二度あるとも言われ、一度目は6~7月。時期の早いハモなんかは「走りの鱧」と呼ばれるそう。「ハモは梅雨の水を飲んで旨くなる」とも言われており、気温の上昇とともに活発になり栄養をたっぷりと蓄え味が増していきます。

そして二度目の旬は晩秋です。実はこの時期に鱧が美味しく食べられると知っている方は少ないようで「名残鱧」「落ちハモ」とも言われたりします。

晩秋の鱧は産卵を終えて、食欲も旺盛で脂ものってきて、一度目の旬の時期より鱧の脂が持っている奥深い旨味が味わえます。つまり走りの鱧より味が濃厚です。分かりやすく言うと一回の旬はあっさりとした味わいで、より繊細で上品な味わい。対して二回目の旬は濃厚な味わいで、より旨味が強いのが特徴です。

一年に二度違った味を楽しめる鱧、是非食べ比べするのもいいですね。
そんな名残鱧を楽しめるお店がHEREN9月号に登場。写真だけちょっと先出ししちゃいます。

ヘレン編集室近くの創作中華のお店や......

カニの館で知られるあのお店......

  

お店できるのはここまで!現在9月号一生懸命制作中!ご期待ください!

地元がもっと楽しくなる。

HEREN
公式アプリ誕生

HERENにしかない特別な商品やギフトカードに
交換できるポイントが貯まる!
街のイベント、求人情報も満載のお得な地産地消アプリ