1. HOME
  2. 特集詳細

シャイン

シャインマスカットって、どんな品種??

シャインマスカットは、農研機構 果樹研究所ブドウ・カキ研究拠点(旧国立果樹試験場 安芸津支場)において、平成18(2006)年に品種登録された新品種で「ブドウ安芸津21号」(「スチューベン」×「マスカット・オブ・アレキサンドリア」)に「白南」を交雑して育成した大粒で食味良好な二倍体のブドウです。 ブドウの消費を拡大するため、ヨーロッパブドウとアメリカブドウの交配を世代を重ねて行うことにより育成しました。

ヨーロッパブドウの香りや食感、皮ごと食べられる性質(例:甲斐路、マスカット・オブ・アレクサンドリアなど)と、アメリカブドウの栽培のしやすさ(例:デラウエア、ナイアガラなど)をかなり兼ね備えた大粒品種です。

果実の特性として、房の一房重は平均400~500グラム、粒は短楕円形を有しており、大きさは11~12グラムと巨峰と同程度です。糖度は20度程度と高く酸味も低いため食味は甘く感じます。

数あるシャインマスカットの中でも一流品種「晴王」

「晴王®」とは岡山県下JAより出荷するシャインマスカットの名称で、「晴れの国おかやま」で太陽の恵みをおおいに浴びて育てられたところから命名されました。木や実の生長・自然条件を見ながら、燃料を燃やして温風を送ったり止めたりを繰り返して「1℃単位での温度管理」を行う加温栽培の高い技術は、シャインマスカットの加温・無加温栽培にも生かされています。北部地域では、寒暖の差を生かした露地(無加温)栽培により、主に9月~11月にかけて出荷される岡山県の誇る品種なのです。

そんなシャインマスカットがどっさり楽しめるメニューが今年も「フリーカフェ」さんから登場です。詳しくは9月号のHERENをお待ちくださーーーい!

地元がもっと楽しくなる。

HEREN
公式アプリ誕生

HERENにしかない特別な商品やギフトカードに
交換できるポイントが貯まる!
街のイベント、求人情報も満載のお得な地産地消アプリ