1. HOME
  2. 特集詳細

               

昔の日本では、農作物や海産物などが食されているイメージがあるかと思います。しかし、実ははるか遠い時代から、日本では肉を食べる習慣があったのです。歴史をさかのぼってみると、旧石器時代には肉を焼いた跡が遺跡に残されており、縄文時代にはイノシシを食べていたと考えられています。

文献が残っているものでは、飛鳥時代の野山にいる動物を食用のために狩猟していたとされており、今昔物語には鹿肉が登場しています。また、戦国時代以降には西洋の文化とともに食肉文化が伝わり、明治時代になると少しずつ庶民の間にも広まっていきました。

庶民に食肉文化が広まった明治時代は、牛鍋などの西洋料理が主流でした。焼肉が日本で広がったのは、実は戦後になってからなのです。戦後の食糧難の時代には、牛や豚の肉は禁制品となり市場に出回ることはありませんでした。

そのため、ヤミ市で牛や豚などの内臓を焼いて食べさせる店が登場し、次第に人気を集めるようになりました。これが焼肉のルーツとなる「ホルモン焼き」で、後々ホルモンだけではなくカルビやロースなどの赤身肉を取り入れていき、現在の焼肉になったのです。


お盆で親族などのお集まりも多いと思いますが、是非焼肉に行ってみてはいかがでしょうか?換気システムもバッチリなので安心できますよ!

できればHEREN掲載店をご利用くださいね。笑

地元がもっと楽しくなる。

HEREN
公式アプリ誕生

HERENにしかない特別な商品やギフトカードに
交換できるポイントが貯まる!
街のイベント、求人情報も満載のお得な地産地消アプリ