1. HOME
  2. 特集詳細

                  

           

コーヒーとSDGs

           

夏日が続くここ数日、アイスコーヒーが美味しい季節になりました。

今、この記事もコーヒーを相棒に書いています。

ということで今回のテーマはコーヒーとSDGs。

           

           

           

1杯のコーヒーができるまで

             

みなさんご存知のように、コーヒーは豆からできています。

この豆が育つには一定の条件が必要で、コーヒーベルトと呼ばれる赤道の近くの地域が栽培に適しています。

アフリカ(エチオピア、タンザニアなど)、中南米(コロンビア、ブラジル、グアテマラなど)、東南アジア(ベトナム、インドネシアなど)が代表的な産地。

地名を見てお気づきかもしれませんが、発展途上国が多くを占めています。

             

生産者が抱える問題

           

発展途上国で生産されたコーヒーは、いくつもの中間業者を通して、アメリカ、ヨーロッパ、日本などの先進国に輸入されます。

そのため、生産者の立場が大変弱く、私たちが購入するコーヒー豆の価格のうち生産者が手にする収入はほんのわずか。

            

                     

1杯330円のトールサイズのコーヒーのうち、コーヒー農家に支払われる金額は3円程度とも言われています。

          

これってかなり不公平.....

            

           

そこで生まれた「フェアトレード」という仕組み

            

直訳すると「公正な取引」という意味のフェアトレード。

発展途上国から原料や製品を不当に安く買うのではなく、適正な価格で継続的に買い取る取引のことで

簡単にいうと「立場の弱い生産者が生活に困らないように十分なお金を払いましょう」という取り組みです。

コーヒー以外にもカカオ・コットン・紅茶・バナナ・花・サッカーボールなど多岐に渡ります。

            

            

          

国際フェアトレード認証ラベルがその目印

          

一つ一つの製品について、私たちはその背景を知ることはなかなか難しいですが、認証ラベルがあれば、その製品がフェアトレードの製品であることがすぐに分かり、それを選ぶことによって生産者の支援ができるということです。

           

認証を受けていない製品はフェアトレードの製品ではないの?

一方でフェアトレードによって取引されているすべての製品が、フェアトレード認証を受けているわけではありません。それは認証にも一定の基準、手続きなどが必要という事もあり、主な対象になる零細の生産者にとってハードルが高いという事情もあります。

          

            

買う前に少しだけ考えてみる。

           

フェアトレードの商品はそうでないものと比べると少し割高です。

でも、安すぎる商品はもしかしたらアンフェアな取引のもと成り立っているのかもしれない。

そう考えると適正価格という概念も少し変わってきます。

テレワークや外出自粛で巣篭もりが強いられる今。自宅でコーヒーを飲む機会も増えてきました。

いつもの豆をカートに入れる前に、フェアトレードのマーク探してみてはいかがでしょうか。

           

この記事に関するSDGs

          

地元がもっと楽しくなる。

HEREN
公式アプリ誕生

HERENにしかない特別な商品やギフトカードに
交換できるポイントが貯まる!
街のイベント、求人情報も満載のお得な地産地消アプリ