HOME > 各店舗のニュース > すいたら跳ねるからすかないで。すくとまとまらないと思ってるそこのあなた。必見です。         その2 髪処 KAMI-DOKORO(美容室)  

  • 髪処 -KAMIDOKORO-

  • 三田市ゆりのき台2丁目39-8
  • 079-564-2204

Shop News

2018-11-09

すいたら跳ねるからすかないで。すくとまとまらないと思ってるそこのあなた。必見です。         その2 髪処 KAMI-DOKORO(美容室)  

もうすぐクリスマス(まだかな?)

何やら小学校低学年で、去年欲しいものを

手紙に2個書いたら2個もらえた子がいたらしく

手紙に2個書けば2個もらえるとのうわさが広がっているようで

小学生の兄弟から聞いた幼稚園でも広がりを見せてるらしい。

おそろしい事態になっているようです。

さあ、皆さんどうごまかしましょう??

 

さて本題。

前回の続き。

量が多すぎて押し出されて跳ねる。

じゃあ減らせば跳ねない??

毛先が重いほうが跳ねない

と前回の説明との矛盾が。

 

ここがカットの難しいところ。

基本は教えることはできるけど

個別対応は頭がいる。

 

梳きは何も考えないですると簡単。

考えるときりがない。

 

とても難しい技術となります。 

 

スキばさみ

同じに見えますがハサミによって減る量が違います

何%なんて表記

大体大まかに20%から50%

多いのは30%かな?

私は18%をメインに使っていますが。

 

例えば単純に

100本毛があったとします   20%    30%

1回スキばさみをいれると    80本    70本の長い毛

2回入れると          64本    49本の長い毛

3回入れると          51本    34本の長い毛

 

1回で20本??頭の毛は10万本ほどあるので適当に考えもなく切ると

スタイルを乱す毛が2万本もあることになります。

恐ろしくないですか??

 

カットには丸く落ちる切り方

フラットに落ちる切り方などいろいろあります

 

梳きも同様に

丸く落ちる梳き方と

フラットに落ちる梳き方があります。

 

丸く落ちる切り方に丸く落ちる梳き方を組み合わせれば

直毛の方もいままでよりはちょい丸い感じになりやすくなります

 

毛先を跳ねるほど軽くしないで

まとまりをよくするには

ぎりぎりを見極めるのがすごく難しいです。

いまだに悩むことが多いです。

あと好みもあるので

1回帰ってご自身で手入れしてみて

感想を聞いて。

もしくは来られた時の伸びぐわい溜まり具合をみて

その都度調整しないといけない手間のかかる作業です。

 

なので他店でかっすかっすに梳かれた

(同じところで2~3回じゃきじゃきとか粗い30%の3回とか)

されてご来店のお客様は

ロングとかだと半年以上修正にかかることがあります

 

梳かれた残りが34%の毛で修正をかけて気に入ってもらえるように

カット。1回でほぼ無理なのは想像できますよね??

 

梳いたから跳ねるんじゃなくて跳ねるまで梳いたから跳ねるんです。

ご注意を。。

 

余談ですが

ロングでずーとくくりっぱなしで

ゴム外すときに「ぶち、ぶち」

と音がする方もご注意を

自分で跳ねるカットにしています。

毎日ゴムでほぼ同じ場所で引きちぎる

ゴムの下側だけ量が減る。

毛が斜めに裂ける。

跳ねるの想像しやすいですよね

 

次回は 癖のある方。量の多すぎる方。直毛すぎる方

を梳きで。

癖を弱める。艶を残して量を減らす、少し丸みを出す

を解説したいと

思います。

 

 

最新記事