HOME > 各店舗のニュース > カラーのもつ心理的影響。 色を操りイメージを操ろう。その1 髪処 KAMI-DOKORO ( 美容室 )

  • 髪処 -KAMIDOKORO-

  • 三田市ゆりのき台2丁目39-8
  • 079-564-2204

Shop News

2015-11-21

カラーのもつ心理的影響。 色を操りイメージを操ろう。その1 髪処 KAMI-DOKORO ( 美容室 )

どうも三田市ウッディタウン。ゆりのき台の美容室。

髪処です。

 

白髪対象のヘアカラーのブログを書いてみて、

カラー(色味)に興味がみなさん結構おありだな。

でも理論的になかなか学ぶ機会がないんだな。。

 

なんとなく好きな色だからぐらいなんだな。

と思い基礎知識を。

少し退屈かもしれませんが

普段の服選び、

化粧品の色選びの基礎になることなので、

身近な事例を挙げて。

色の持つ力を実感してもらえれば。

 

まずは

一番ベーシックな色ですね。

どの本、教科書、チラシをみても基本文字は黒です。

当たり前のように黒です。

不思議に思いません??

すべてピンク、すべて黄色の文字の本があってもいいような。

 

なぜか?

 

黒には

圧倒的な存在感。

威厳や風格。重厚感。

があるからです。

 

重要な書類、本、チラシなんがの文字が

薄い色だったり、POPな色だったら読む前に疲れません??

重厚さがなくて嘘っぽくみえません??

心理学的にも証明されてるので

そのような文字をあえて使うものが存在しないので

目にすることがないのです。

あえて嘘っぽく、見てもなわないでいいやと

文章を書く媒体があるはずもありません

 

紙の文化が発展してる人類では

紙媒体では、文章を読ませるという1点において

黒は圧倒的に使われる意味はその威厳と風格です。

 

髪の色で言うと

黒、

お金や安全を扱う企業の社員さんはひと昔前は

全員黒髪でしたよね。

信頼感、誠実さ、清楚さ がほしい場合は

黒髪は有効です。

髪型、髪質によっては

重すぎる傾向にありますが。

 

だた話かけにくいイメージも持たれやすいので

最近の企業は航空業界が6から8レベルまでOK

になったのをきっかけに接客する部署は

親しみやすさ重視に変わっているようです。

 

 

ファッションでいうと

全身、黒ずくめだと重すぎます。

威厳を必要とする職業などでは有効ですが

女性が黒を着る場合は5%のアクセントカラー

俗にいう差し色をいれるといいでしょう。

 

魔女の宅急便のキキ。

あれは紺かな?笑

赤のリボンで雰囲気変わるでしょ。

 

 

で、次はキキのリボンの色

 

 

赤は企業のロゴ、などによく使われます

マクドナルド、 DoCoMo、ホンダ、日産、キャノンなどなど

 

なぜか??

視認性といいますが

目につきやすさが全然違います。

色それぞれには波長があり

赤は遠くまでよく届くのです

遠くから

店舗を見つけやすくするためともいわれています。

信号のとまれが赤なのもその理由です。

 

赤には、

購買意欲、食欲増進、興奮作用があり。

チラシなどで同じ値段が書いてあっても

ほかの色と赤では

20%も売り上げが違います。

 

どこのチラシ見ても赤いでしょ??

大手企業、楽天のサイト購入につながる 

ボタンの色は赤です。

 

ホットペッパー、表紙

赤ですよね。

遠くからホットペッパーがあるのがわかる

手に取る。

赤いので購買意欲、食欲増進した状態で

本を開く。

予約する。。

 

赤には安っぽくなる悪い面もあります。

居酒屋は赤多いでしょ?

料亭は赤少ないでしょ?

 

楽天さんもホットペッパーのリクルートさんも

載せてるお店からお金をとっています。

載せてる店舗さんが売り上げが上がらないと

次載せてくれません

 

ついでに言うと

マクドナルドでくれるクーポン

淵は赤です。

赤で囲むと料理をおいしく見せる効果があります。

なので淵を赤。

クーポンの値段を赤にして

美味そうで安いと錯覚させるのです。

実際は50円ほど安いだけでもついつい買っちゃう。

食べたいものじゃなくてクーポンから選んでしまう。

がおこるわけです

(経験ないですか??)

 

なのであえて赤を多用するのです。

そこにおしゃれなんて関係ありません

実績がすべてです。

 

ファッションにおいては

赤は全体の5%に納めるのがいいようです

 

心理学的に何か1つ赤いものを

身に着けていると

男性から声をかけられる率が、なんと

20%アップするそうです。

購買意欲、食欲増進、興奮作用

 

 

なのでしょうか?

闘牛の赤いひらひら効果なのでしょうか?

 

つける赤いものはなんでもいいよいいようです。

携帯のカバー、バッグにつけるストラップ。

などなど、

気になる異性がいるところで相手にさりげなく見せるだけでも

効果があるようです。

 

彼氏のいない娘さんをおもちのおかあさん

なにか赤い小物をお嬢さんにプレゼントして

はいかがでしょうか?

 

購買意欲、食欲増進、興奮作用

女性はものじゃない。と

反感を持たれるかたもおられるでしょうが。

男性の勇気を後押ししてくれる色と思っていただければ

 

ファッションでも広告でも

 

「70:25:5」の法則というのがあります

ベースの色     70%

メインの色     25%   

アクセントの色    5%

 

これ以内に納めれば

わちゃわちゃしないのですっきりします。

同時に使う色は上限でも5色までです。

 

花柄のワンピース着て

残念に見える方、と、似合う方

なにが違うか?

 

色が散らかるのでわちゃわちゃします。

なので

花柄の中の色を拾ってメイクの色に使うと

すっきりします。

 

同様の理由で、

着物、浴衣の、 

メイク、小物、髪飾りなどは

柄から1色、拾うと すっきりまとまります。

 

メイクの色変えるのは勇気がいりますが

一度お試しあれ。

 

似合う人似合わない人。

他人が感じるがなにかセンスがないなと感じる違和感は

正しいことがほとんどです。

 

わちゃわちゃしてると違和感がでます。

 

次は

グレイ(俗に言う灰色)

 

意外と思うでしょうが影に隠れていい仕事するのがグレイ。

目立たない。主張しない。なんにでもなじむ。

身近なところで。

紙媒体なら

いきなりくるダイレクトメール。

の但し書き??

これこれこうゆう

方対象に送らせていただきました

みたいな説明

家電などの説明書の文字。

 

など書いてないといけないけど主張しすぎると

クレームや反感につながる情報はグレイ

で書いてあることがおおい

 

メインで使うより枠外。の注釈などにもよく使われる。

興味持ったら呼んでね。みたいなところに使われる

メインの主張や説明には向かない色ですが。

 

最近ではウエブ。TouTubeなど見ればわかりますが重要な

タイトル以外はグレイの文字。

白く見えるバックのカラーもよく見れば5%の黒混ぜた薄ーいグレイ。

 

これはパソコン、スマホは画面事態が光っているので

白、黒だと目が疲れてしまうので、

背景に薄ーいグレイを配色すると長時間見てもらえるので

薄めのブルーとともによく使われる色です。

 

逆に紙媒体では枠外、注釈以外には使われない色です。

 

悪るいことばかりではありません。

目立ちませんが作業効率を上げる色でもあるのです。

調和をもたらすので主張しません。

オフィスの机、いす、パソコン。

グレーが多くないですか?

目立たないので集中しやすくなります。

 

あと、相手の警戒心をやわらげ穏やかな印象をあたえます。

なので、仕事で謝罪しに行くときはグレイのスーツの

ほうが相手も受け入れやすくなります。

 

彼氏とのお家デートなどでは

相手を落ち着かせる効果があるので。

この子といると落ち着くな→結婚するならこんなこが。。。

となるかならないかは別にして。笑

 

部屋着のスエット、グレイ多く売ってません?

落ち着きたい心理が働くので意外に売れるのです。

 

意外に目立たないので使いこなすのが難しい色ですが

日本人は江戸時代から

銀鼠、利休鼠、深川鼠、鳩羽鼠、梅鼠、素鼠、小町鼠

といった使い分けをしておしゃれを楽しんできました。

 

挑戦してみればハイセンスな女性に見られます。

 

髪でいえば外人さんはきれいなグレイ。

な方がおられますが

日本人にはなかなか。。

でも大丈夫。

 

ヘアマニュキュアのクリア(透明)に

黒のマニキュアをほんの数滴。

混ぜて全体に塗布。

 

黒には入らない白いところだけ

薄く黒のようなグレイのような色がはいる。

 

とあら不思議。

上品な奥様に変身。

 

白、黒のコントラストを弱めることに

よってやさしく調和するのです。

 

色の与える印象って面白いでしょ?

興味をもって色見てると

相手の

心理状態、性格もわかるんのでたのしいですよ

 

順次いろんな色をやっていきますが。

希望の色があれば、

こちらまで

 

kami_dokoro3@yahoo.co.jp

優先的に取り上げたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新記事