HOME > 各店舗のニュース > FP事務所おやくだち:ギリシャはどうなるのでしょうか

  • FP事務所おやくだち:ギリシャはどうなるのでしょうか

Shop News

2015-06-18

FP事務所おやくだち:ギリシャはどうなるのでしょうか

ご存知の通り、ギリシャの国債の償還がどうなるのか?

気にしている方も多いと思います。

EUから離脱もほのめかしながらEUからの融資で

国債償還に備えようとしているが融資は難しい様相である。

それを象徴するかのように、3年物国債の金利が29%になっている。

29%という事は、仮に円換算すると、100万円の国債の金利が

1年間で29万円になるという事です。

もし日本の国債を日本国内で消化できず

海外の投資家に買って貰おうとしたら何%なら買ってくれるのでしょうか?

真剣に考えなければならない時期が遠くないかも知れません。

そうなったらハイパーインフレの可能性もあり、超円安になるかも?

日本で生活する以上、円資産は必要ですが

出来るだけ多くの資産を海外に投資しておかれることをお勧めいたします。

最新記事